Loading...

奈良経済産業協会

  • 奈良
  • 奈良
  • 奈良


平成28年度部会長 成田和哉
部会長あいさつ

私が社会人になり、早や四半世紀が経ちました。この間にバブルが崩壊し、長い間デフレが続いています。平成24年暮れからのアベノミクスで、株価は跳ね上がり、円安基調となり、グローバルに活躍する企業の業績は向上しました。他方、国内経済は上向いておらず、デフレマインドに漬かったままであります。金融政策では異次元緩和の状態が続き、今やマイナス金利になっていますが、その効果は限定的です。

私は、この大問題であるデフレに対して、政府や金融当局の為すべきことには限界があり、大事なことは民間企業の動向にあると考えています。国内を市場としながら増収増益をあげている企業は確かに存在しています。こうした企業は、需要を創造し、持続的な成長を支える生産性向上やイノベーションを積極的に行い、成果をあげています。そして、向上した収益を賃金上昇につなげ消費を拡大させる。私は、こうした「正のスパイラル」をつくる他、人口減少下での経済成長の道はないと考えています。

さて、我々青年経営者部会は、昨年50周年を迎え、周年事業を通じて青年経営者部会が歩んできた道を辿ることができました。その道とは経営を通じて社会に貢献するという理念です。今こそ自らがデフレマインドから脱却する覚悟をもち、経営の原点である需要創造に努め、生産性向上やイノベーションを通じて社会を活性化させる。その結果、日本経済が成長し国民が豊かになることを目指すべきではないでしょうか。私は、部会員の皆様がこの目標に向けて歩むことが、青年経営者部会の次の50年につながるものと信じています。

本年度の新たな一歩とは、経営力をさらに高めることであります。私は、その鍵は「リーダーシップ」と「知恵」そして「挑戦」にあると考えています。すなわち、情報があふれ多様化と均質化が同時に進む社会に対応できるリーダーシップと、人口減少に伴う社会構造の大きな変化に負けない知恵、そして大都市と地方に拡がる格差への挑戦です。部会員の皆様にも経営上でいろいろな課題があるはずです。これらを提起し議論する。そして課題解決すべく実践する一年としていきましょう。きっと明るい豊かな未来を我々自身の手でつくることができるでしょう。


平成28年度部会長 成田和哉

重点項目

1. 会員相互のネットワーク充実
会員相互の理解と親睦を深め、議論を深める例会の実現と会員企業間のネットワークにつなげます。
2. 会員の経営力を高める例会の実現
特に、リーダーシップ・人口減少に伴う社会構造への対応・地方企業としての強み強化を重点とした経営力を高める例会を実現します。
3. 青年経営者部会の中長期方針の策定
10年後の経営環境を想像し、部会員のあるべき姿を基にした青年経営者部会の方向性を検討し、方針を策定します。
4. 奈良経済産業協会(親会)との関係強化
相互理解を深め、相互の活動がより効果的・効率的に運営できるよう努めます。
5. 会員拡大
1から4を努めながら、当会の歴史と実績、本年の趣旨や今後の方向性を理解していただける仲間の拡大を図ります。

部会について

青年部会とは青年部会とは

一般社団法人奈良経済産業協会 青年経営者部会(以下、青年部会と記す)は、奈良県経営者協会と一般社団法人奈良工業会が統合し、平成24年11月からスタートした総合経済団体の若手経営者による組織です。
(旧・奈良県経営者協会時に昭和41年11月設立。)
明日を担う若手経営者が企業経営及び新しい経営感覚と豊富な知識を身につけ、相互研鑽を重ねると共に、親睦・交流を図り共に苦労を語り合える仲間づくりに取り組んでおります。

組織組織

当部会は、複数の委員会に分かれて構成されており、各委員会毎の年間テーマを掲げて、月1度の例会を順次運営企画していおります。
その他にも各委員会独自の自己研鑽や親睦を深める為、幅広い分野での委員会活動も活発に行われています。

入会するには入会するには

部会員資格
一般社団法人奈良経済産業協会に入会されている法人・個人事業所・団体において、事業を経営している満50歳以下の経営者、またはこれに準ずる方で、現部会員2名の推薦を受ける方。
(ただし、ご入会は25歳~46歳まで)
申し込み方法
入会申込書に必要事項をご記入の上、事務局へご提出下さい。
※ 協会に入会されている方は、青年部会入会申込書だけご記入下さい。
部会員資格
協会会費と部会費(年額7万円)
  • mailmailadressmatsuoka@nara-eia.or.jp
  • teltel奈良経済産業協会 事務局
    TEL:0742-36-7370
  • faxfax奈良経済産業協会 事務局
    FAX:0742-36-7371

委員会について

第一委員会

士魂商才
  •  委員長:黒川 健
  • 副委員長 : 畑野 秀夫

平成24年暮れからのアベノミクスにより、株価も上昇に転じ、ようやく平成不況の長いトンネルの出口が見えたように思えます。しかし全ての業種が好景気を享受するまでには至っておりません。また空前の金利安にも関わらず、長い不況が続いたせいか、現状維持に甘んじ必要以上に守りに回る経営者が多いように思えてなりません。

総合テーマである「経営力を高める」を達成するため、本委員会のテーマを「士魂商才」といたしました。明治の実業家である渋沢栄一が説いた言葉で、意味は「武士の魂と商売の才能をバランスよく伏せ持つこと」であります。長年の不況により守勢に寄りすぎた経営を勇敢に改革する武士の魂を経営者も持つべきと考えます。

また本委員会といたしましては、経営の悩みも皆で相談できるような有意義かつ開かれた委員会にしたいと考えておりますので、一年間どうぞよろしくおねがいいたします。

担当例会
06月 定時総会
11月 全国大会
02月 公開例会
Member
宮畑和広、山口宣恭、奥村裕文、清水宏祐、菊本英之、益田 昇、
農澤達也、芳野文則、山本哲也、岸 大樹

第二委員会

『粒々辛苦』~ひとつひとつを大切に
  •  委員長:折口 哲也
  • 副委員長 : 坂口 利勝

人はとかく、嫌なこと、面倒なことを先送りにしてしまいがちです。それは私たちが仕事や生活そして青年経営者部会員として活動をする上でも変わりありません。

しかしながら、「解決できない問題・課題は自分の前には存在しない。」と自らに言い聞かせ、それら問題・課題をひとつひとつ解決していくことが大切だと考えます。また、同じ姿勢の仲間が集まって問題・課題を共有し、互いに協力し解決することにより相乗効果が発生してより良い結果に結びつきます。そうした経験をひとつひとつ積み重ねて行くことが個人や組織の成長に繋がるのではないでしょうか。

当委員会では、「粒々辛苦」をモットーに、青年経営者部会とその部会員が成長し、経営力を高めるために役立つ事業を企画し、実施していきたいと考えています。

担当例会
07月 通常例会
10月 通常例会
03月 通常例会
Member
福村亘倖、垣内謙太郎、西谷 徹、清水博一、引原康充、太田定之、松本昌久、
足達幸一、大西隆彦、廣渡史朗、中川文雄、河口昌司

第三委員会

部会員相互の交流を深め、自分を磨く
  •  委員長 : 谷村 英亮
  • 副委員長 : 塚本 勝

我々青年経営者部会は、これまでにも様々な社会の変化に対応し、昨年50周年を迎えることができました。そして次の50年さらに未来に向けて、青年経営者部会は歩みつづけ、我々経営者自身も経営力を高めて歩みつづけなければなりません。

そのためには、本音で語り合い意見を交換し合える仲間づくりと、自己の研鑽に努めることが大切であると考えます。

当委員会では部会員相互の交流を深め、その交流の中で自分を磨くことのできる例会を実施し、今年度の総合テーマである「経営力を高める」ことの一助となればと考えております。

担当例会
08月 通常例会
12月 通常例会・忘年会
04月 通常例会
Member
池本秀治、平野勝弘、並川好孝、金星一郎、髙橋 靖、原 清和、三方拓馬、
松浦忠一、今柳 剛、桶谷晃弘、西久保典寿、今村年男

ネクスト10 特別委員会

「変革」~未来に点を打つ~
  •  委員長 : 福井 清之
  • 副委員長 : 竹村 宗規
  • 副委員長 : 海保 暁郎

昨年度、我々青年経営者部会は創立50周年という長く大きな歴史の節目を迎える事ができました。そして青年経営者部会は、次の新たなステージを歩んでいく上で、これまでの50年とは環境変化のスピードが違い、更なる変革が求められると思います。

企業はなぜ変わらなければならないのでしょうか。
かの「チャールズ・ダーウィン」がその著書「種の起源」の中でこう記しています。
「強い種が生き残るのではない、変化に適応できた種が生き残る」

近年の国内環境を振り返ると、少子高齢化に象徴される人口減少、金融政策やエネルギー政策における規制緩和等による外部環境の変化、顧客ニーズの多様化など、常に環境変化に直面する企業にとって、もはや変革は回避できないものであり、その変化にいかに対応し、先を見据えた経営の舵取りを行うか、つまりどう「未来に点を打つ」かという事がその企業の存続を左右すると言えます。

当委員会ではネクスト10特別委員会として「変革」の理念を常に持ち、先輩諸兄から脈々と受け継がれてきた歴史と伝統を継承していけるよう経営者としての的確な情報収集、判断、資質向上に努めます。そして、10年後の青年経営者部会のビジョンを策定し浸透させ永続的な成長を実現できる団体になる為の事業を実施して参ります。

担当例会
09月 通常例会
01月 新年総会・新年会
05月 卒業式・部会長引継式
Member
鈴木健嗣、西原崇浩、森 俊之、沖津繁則、水谷貴紀、中村 航、三宅和宏、長田康彦、
中本和昭、大谷政義、青木克典、杉山 賢、清水征樹、山縣幸典

会員拡大・渉外室

この魅力を次世代に
  •  室長 : 髙 剛史
  • 副室長 : 原 清和
  • 副室長 : 太田 定之

若手経営者が集う当部会は、スケールメリットを活かした例会の運営や、会員相互のネットワークの充実により、経営者としての資質と経営力向上に繋がっております。経済の低迷と若手経営者の減少という逆風ではありますが、部会発展には会員拡大は最重要事項と考えます。

さて、当部会は昨年創立50周年を迎えました。記念事業では部会員を含めご出席いただいた方々に当部会の魅力を感じていただいたと思います。

会員拡大には、我々部会員が青年経営者部会の魅力を認識することが重要です。

創立50周年記念事業を現役で経験したことを活かすと共に、室会議、例会等を通じ当部会の魅力をあらためて認識し、伝え、10年後の60周年ではさらに当部会が魅力ある青年団体となるべく会員拡大に邁進いたします。 。

担当例会
公開例会(第1委員会 合同例会)等
重点目標
会員拡大
10名以上を目標とします。

委員会について

  • 黒川 健

    第一委員会

    士魂商才
    •  委員長:黒川 健
    • 副委員長 : 畑野 秀夫

    平成24年暮れからのアベノミクスにより、株価も上昇に転じ、ようやく平成不況の長いトンネルの出口が見えたように思えます。しかし全ての業種が好景気を享受するまでには至っておりません。また空前の金利安にも関わらず、長い不況が続いたせいか、現状維持に甘んじ必要以上に守りに回る経営者が多いように思えてなりません。

    総合テーマである「経営力を高める」を達成するため、本委員会のテーマを「士魂商才」といたしました。明治の実業家である渋沢栄一が説いた言葉で、意味は「武士の魂と商売の才能をバランスよく伏せ持つこと」であります。長年の不況により守勢に寄りすぎた経営を勇敢に改革する武士の魂を経営者も持つべきと考えます。

    また本委員会といたしましては、経営の悩みも皆で相談できるような有意義かつ開かれた委員会にしたいと考えておりますので、一年間どうぞよろしくおねがいいたします。

    担当例会
    06月 定時総会
    11月 全国大会
    02月 公開例会
    Member
    宮畑和広、山口宣恭、奥村裕文、清水宏祐、菊本英之、益田 昇、
    農澤達也、芳野文則、山本哲也、岸 大樹
  • 折口 哲也

    第二委員会

    『粒々辛苦』~ひとつひとつを大切に
    •  委員長:折口 哲也
    • 副委員長 : 坂口 利勝

    人はとかく、嫌なこと、面倒なことを先送りにしてしまいがちです。それは私たちが仕事や生活そして青年経営者部会員として活動をする上でも変わりありません。

    しかしながら、「解決できない問題・課題は自分の前には存在しない。」と自らに言い聞かせ、それら問題・課題をひとつひとつ解決していくことが大切だと考えます。また、同じ姿勢の仲間が集まって問題・課題を共有し、互いに協力し解決することにより相乗効果が発生してより良い結果に結びつきます。そうした経験をひとつひとつ積み重ねて行くことが個人や組織の成長に繋がるのではないでしょうか。

    当委員会では、「粒々辛苦」をモットーに、青年経営者部会とその部会員が成長し、経営力を高めるために役立つ事業を企画し、実施していきたいと考えています。

    担当例会
    07月 通常例会
    10月 通常例会
    03月 通常例会
    Member
    福村亘倖、垣内謙太郎、西谷 徹、清水博一、引原康充、太田定之、松本昌久、
    足達幸一、大西隆彦、廣渡史朗、中川文雄、河口昌司
  • 谷村 英亮

    第三委員会

    部会員相互の交流を深め、自分を磨く
    •  委員長 : 谷村 英亮
    • 副委員長 : 塚本 勝

    我々青年経営者部会は、これまでにも様々な社会の変化に対応し、昨年50周年を迎えることができました。そして次の50年さらに未来に向けて、青年経営者部会は歩みつづけ、我々経営者自身も経営力を高めて歩みつづけなければなりません。

    そのためには、本音で語り合い意見を交換し合える仲間づくりと、自己の研鑽に努めることが大切であると考えます。

    当委員会では部会員相互の交流を深め、その交流の中で自分を磨くことのできる例会を実施し、今年度の総合テーマである「経営力を高める」ことの一助となればと考えております。

    担当例会
    08月 通常例会
    12月 通常例会・忘年会
    04月 通常例会
    Member
    池本秀治、平野勝弘、並川好孝、金星一郎、髙橋 靖、原 清和、三方拓馬、
    松浦忠一、今柳 剛、桶谷晃弘、西久保典寿、今村年男
  • 福井 清之

    ネクスト10 特別委員会

    「変革」~未来に点を打つ~
    •  委員長 : 福井 清之
    • 副委員長 : 竹村 宗規
    • 副委員長 : 海保 暁郎

    昨年度、我々青年経営者部会は創立50周年という長く大きな歴史の節目を迎える事ができました。そして青年経営者部会は、次の新たなステージを歩んでいく上で、これまでの50年とは環境変化のスピードが違い、更なる変革が求められると思います。

    企業はなぜ変わらなければならないのでしょうか。
    かの「チャールズ・ダーウィン」がその著書「種の起源」の中でこう記しています。
    「強い種が生き残るのではない、変化に適応できた種が生き残る」

    近年の国内環境を振り返ると、少子高齢化に象徴される人口減少、金融政策やエネルギー政策における規制緩和等による外部環境の変化、顧客ニーズの多様化など、常に環境変化に直面する企業にとって、もはや変革は回避できないものであり、その変化にいかに対応し、先を見据えた経営の舵取りを行うか、つまりどう「未来に点を打つ」かという事がその企業の存続を左右すると言えます。

    当委員会ではネクスト10特別委員会として「変革」の理念を常に持ち、先輩諸兄から脈々と受け継がれてきた歴史と伝統を継承していけるよう経営者としての的確な情報収集、判断、資質向上に努めます。そして、10年後の青年経営者部会のビジョンを策定し浸透させ永続的な成長を実現できる団体になる為の事業を実施して参ります。

    担当例会
    09月 通常例会
    01月 新年総会・新年会
    05月 卒業式・部会長引継式
    Member
    鈴木健嗣、西原崇浩、森 俊之、沖津繁則、水谷貴紀、中村 航、三宅和宏、長田康彦、
    中本和昭、大谷政義、青木克典、杉山 賢、清水征樹、山縣幸典
  • 髙 剛史

    会員拡大・渉外室

    この魅力を次世代に
    •  室長 : 髙 剛史
    • 副室長 : 原 清和
    • 副室長 : 太田 定之

    若手経営者が集う当部会は、スケールメリットを活かした例会の運営や、会員相互のネットワークの充実により、経営者としての資質と経営力向上に繋がっております。経済の低迷と若手経営者の減少という逆風ではありますが、部会発展には会員拡大は最重要事項と考えます。

    さて、当部会は昨年創立50周年を迎えました。記念事業では部会員を含めご出席いただいた方々に当部会の魅力を感じていただいたと思います。

    会員拡大には、我々部会員が青年経営者部会の魅力を認識することが重要です。

    創立50周年記念事業を現役で経験したことを活かすと共に、室会議、例会等を通じ当部会の魅力をあらためて認識し、伝え、10年後の60周年ではさらに当部会が魅力ある青年団体となるべく会員拡大に邁進いたします。 。

    担当例会
    公開例会(第1委員会 合同例会)等
    重点目的
    会員拡大
    10名以上を目標とします。

会員名簿

  • ら・わ

秋篠法律事務所
〒631-0822 奈良県奈良市西大寺栄町3番23号サンローゼビル4階
0742-32-5211
株式会社アサコム奈良ニッセイシャ
〒630-8223 奈良県奈良市角振新屋町8番地
0742-22-6780
株式会社アーシュ
〒630-8014 奈良県奈良市四条大路1丁目1-30-1F
0742-32-3033
株式会社 足達神具店
〒632-0015 奈良県天理市三島町439
0743-63-1555
株式会社 アドバンス
〒636-0202 奈良県磯城郡川西町結崎1537-1
0745-44-4583
株式会社アーバン工房
〒550-0005 大阪市西区西本町2丁目1-14 インテリンクス西本町ビル4F
06-6110-0288
株式会社イースタッフ
〒639-1132 奈良県大和郡山市高田町2-1-205
0743-53-4774
いのうえ司法書士事務所
〒632-0016 奈良県天理市川原城町796番地
0743-62-3703
株式会社 今村石油店
〒632-0034 奈良県天理市丹波市町472番地
0743-62-4881
株式会社エフ・エス・エイ
〒630-8244 奈良県奈良市三条町544番地
0742-22-3140
株式会社エフシーシー
〒630-0142 奈良県生駒市北田原町1765番地
0743-78-2425
株式会社 桶谷
〒630-8144 奈良県奈良市東九条町418番地の1
0742-50-6070
株式会社 垣内商会
〒630-8122 奈良県奈良市三条本町9-1
0742-30-5425
有限会社 春日野
〒630-8211 奈良県奈良市雑司町494番地
0742-26-3311
関西メタルワーク株式会社
〒630-0226 奈良県生駒市小平尾町1491-1
0743-77-6017
共同精版印刷株式会社
〒630-8013 奈良県奈良市三条大路2丁目2-6
0742-33-1221
株式会社 近畿環境衛生センター
〒630-8144 奈良県奈良市東九条町748番地の1
0742-63-5288
岸瓦店
〒639-1001 奈良県大和郡山市九条町167-10
0743-55-1844
株式会社 黒川本家
〒633-2161 奈良県宇陀市大字陀区上新1921
0745-83-0025
吉野葛本店 黒川本家 東大寺前店
奈良県奈良市春日野町16番地
0742-20-0610
株式会社 公益社
〒630-8113 奈良県奈良市法蓮町413
0742-23-2115
株式会社コーシン
〒542-0081 大阪市中央区南船場2-6-3 第2BSBUILDING502
06-4708-5955
小路谷写真株式会社
〒630-8104 奈良県奈良市奈良阪町2809番地
0742-26-8014
株式会社 坂利製麺所
〒632-0063 奈良県天理市西長柄町676
0743-67-0129
三和製菓株式会社
菓匠 千壽庵吉宗
〒630-8273 奈良市押上町39番地の1
0742-23-3001
株式会社 甚八
〒630-8014 奈良県奈良市四条大路5-6-20
0742-34-9200
株式会社 ゼロステーション
〒631-0021 奈良県奈良市鶴舞東町2-18
0742-81-3600
大和経営労務コンサルティング
〒630-8302 奈良県奈良市白毫寺町835-1
0742-25-2511
株式会社 高橋商店
〒634-0046 奈良県橿原市栄町14
0744-22-2410
竹村電気株式会社
〒630-8443 奈良県奈良市南永井町405
0742-62-0861
トキワスタジオ
〒639-1137 奈良県大和郡山市東岡町30
0743-52-2530
奈良青木自動車
〒630-8141 奈良県奈良市南京終町1丁目152
0742-61-5169
奈良移動体通信株式会社
〒630-8013 奈良県奈良市三条大路1-8-11
0742-35-8000
奈良今小路郵便局
〒630-8207 奈良県奈良市今小路町11番地
0742-26-3903
株式会社 奈良大丸
〒630-8216 奈良県奈良市東向南町23-1
0742-26-1515
奈良デュプロ株式会社
〒630-8445 奈良県奈良市池田町76-9
0742-62-1771
奈良中央三菱自動車販売株式会社
〒630-8126 奈良県奈良市三条栄町3-6
0742-34-7671
株式会社 奈良断熱工業所
〒631-0033 奈良県奈良市あやめ池南7丁目844-4
0742-46-4798
株式会社 南都銀行 バリュー開発部支援・渉外グループ
〒630-8677 奈良県奈良市橋本町16番地
0742-27-1558
有限会社 南都観光社
〒632-0016 奈良県天理市川原城町332-1
0743-62-5850
西田酒造株式会社
〒630-8126 奈良県奈良市三条栄町3-6
0742-34-7671
株式会社西谷建設
〒639-1121 奈良県大和郡山市杉町35-1
0743-57-7110
日産プリンス奈良販売株式会社
〒630-8141 奈良県奈良市南京終町2丁目290-1
0742-62-5151
ネオス・タニムラ株式会社
〒630-8144 奈良県奈良市東九条町126-1
0742-62-0521
株式会社 ノザワ電気商会
〒630-8104 奈良県奈良市奈良阪町2373
0742-23-6196
登大路プラッツ
〒630-8213 奈良県奈良市登大路町11番地の1
0742-24-2758
株式会社 パームス
〒631-0821 奈良県奈良市西大寺東町2-1-63 サンワシティビルB1
0742-36-3555
有限会社 阪神住建
〒630-0213 奈良県生駒市東生駒1丁目291-1
0743-75-0271
引原司法書士事務所
〒630-0252 奈良県生駒市山崎町5-2
0743-74-3751
ビスポークテーラーBRO
〒633-2172 奈良県宇陀市大宇陀上本2046
0745-83-0429
food & bar suolo
〒630-8227 奈良県奈良市林小路町23 いそかわビル2F
0742-24-8508
株式会社 風神
〒630-8215 奈良県奈良市東向中町5-1
0742-26-1008
株式会社 福井商会
〒630-8031 奈良県奈良市柏木町177
0742-34-4526
不二給食株式会社
〒631-0812 奈良県奈良市秋篠早月町8-6
0742-33-0246
ふとんの中島 橿原店
〒634-0004 奈良県橿原市木原町236-1
0744-26-2800
株式会社 三ツ葉電機
〒634-0836 奈良県橿原市新堂町203-5
0744-22-5042
三宅製餡株式会社
〒544-0031 大阪府大阪市生野区鶴橋3-5-35
06-6715-0389
みやけ 旧鴻池邸表屋
〒631-0065 奈良県奈良市 鳥見町1丁目5−1
0742-51-3008
MORITEC
〒630-8113 奈良県奈良市法蓮町412-1 エステートIビル203号
0742-94-7377
やまとみらい法務事務所
〒630-8001 奈良県奈良市法華寺町1-5 奈良バイパスビル2階
0744-42-4810
ラジオスターCGM株式会社
〒530-0046 大阪府大阪市北区菅原町5-3 大宝中之島ビル1階
06-6364-3715
株式会社 ライフアートプランテック
〒631-0041 奈良県奈良市学園大和町2丁目81番地 奈良西ビル
0742-48-1113
株式会社 るーぷ
〒631-0805 奈良県奈良市右京3丁目19-24 PATIOビル2F
0742-70-3005
株式会社 ワールドインシュアランス
〒632-0071 奈良県天理市田井庄町565
0743-69-5033
わかくさ法律事務所
〒630-8213 奈良県奈良市登大路町5番地
0742-26-3733

アクセスマップ